脱社畜するには?退職するだけが選択肢ではありません

スポンサーリンク
脱社畜するには?退職するだけが選択肢ではありません
脱社畜するには?退職するだけが選択肢ではありません

どうして会社員って
マイナスイメージ
強いのでしょうか?
私はあまりマイナスイメージではなく、
プラスとマイナスのちょうど間、
でも
ちょっとプラスの位置あたり
だと感じているのですが、
あなたはどう思いますか?

社畜

会社のために
自分を犠牲にして働く会社員を
皮肉に表現した言葉です。
「会社」と「家畜」という言葉を
合体させた造語で、
まるで会社に
飼われているような表現をしています。
色々調べてみても、
どれもマイナスの
イメージしか沸いてきません。
仕事を断ることができないとか、
キツイ事でも引き受けてしまうとか、
いろいろな事を言われています。
会社を辞めようとしている人も
「脱社畜」といった表現を
していますよね。

企業戦士

自分自身も
家庭や家族を犠牲にしながら、
会社や上司の命令のままに働く姿を
戦場の戦士に例えた表現です。

がむしゃらに働く
仕事第一のサラリーマンと
表現されることもあるので、
社畜よりは少し前向きな表現です。
時期としては高度経済成長期、
当時の英雄ですが、
古いタイプの会社員に向けた表現で、
こちらもマイナスのイメージしか
沸いてきませんね。

その他の表現

  1. モーレツ社員
  2. ブラック企業
  3. 仕事のオニ
  4. 仕事人間
  5. 働きマン
  6. 会社人間
  7. 24時間戦えますか?

もうたくさんありすぎて、
会社員である自分が何なのか、
わからなくなりそうです。

会社って良いの?悪いの?

会社は自分自身に必要なツールです。
使いこなせるかは
自分次第というわけです。

会社にいると
自分で意思決定ができない
そんな場面もありますが、
その反面、
保証によって保護されていたり、
リスク無しで
恩恵を受けることができたりします。

良くも悪くも安定型なのです。

給料がなかなか上がらないのは、
成功している人も失敗している人も、
会社全体として
維持しなければいけないためです。

私も大失敗してしまった経験がありますが、
会社に守られました。

私の失敗談は興味のある方はどうぞ

会社を辞めずに脱社畜

会社を辞めずに脱社畜するためには
自分が何者であるのか、
会社での自分の存在について
明確化する必要があります。

自分が社畜ではないことを明言し、
心に決める。

ただそれだけです。

ただそれだけで、
あっさりと脱社畜する事ができます
しかも、
会社にいながら脱社畜
可能になります。

さぁ、宣言してみましょう。

会社は
私がお金を稼ぐための
ツールです。

私は会社を活用し、
毎月安定した収益を
得ています。

私は会社を辞めません。
そして、
私は会社員ですが
飼いならされた
家畜とは違います。

社畜ではありません。


このように
宣言してみて下さい。
会社を辞めずに
脱社畜できませんか?

私には「社畜」や
「企業戦士」という言葉が
あんまりピンとこないんですよね。

会社に飼われているとも
思っていないし、
何かを犠牲にしている戦士
とも思っていません。

会社を辞めたい。
転職したい。
そんな事も日々考えたりします。
辞めたい時もあるし、
失敗する時もあるし、
うまくいかない時もあるんですよね。

やってもやっても
伸びない時もあるし、
頑張ったって
成功しない時もあります。

何だってそうです、
無理し過ぎたらいけません。

自分の中で
ネガティブイメージさえ持たなければ
「会社っていいよね」と、
言い換える事ができるかもしれませんよ。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました