会社で失敗、損害を出した責任はどうとるべきか。

スポンサーリンク
会社で失敗、損害を出した責任はどうとるべきか。
会社で失敗、損害を出した責任はどうとるべきか。

過去に私は顧客から借りた
数百万円の装置
間違った取り扱いをし、
一瞬で装置を壊してしまった
大失敗をしました。


あなたの会社での失敗と
私の失敗。
共通することが
あるかもしれません。

ぜひこの記事を最後まで
読んでいただき、
あなたが会社で失敗した時の
参考にしてみて下さい。


数百万円の
装置を借りていた仕事ですが、
私が売り上げる予定だった金額は
20万円くらいです。
まさに大失敗です。
何をどうしてもマイナスで、
大赤字です。

フリーランスや個人企業で
これをやってしまったら
数百万円を弁償しますか?

そもそも
数百万円の装置を借りる仕事なんて、
怖くて請け負えないですよね。

企業間の取引きが開始される前には
NDAという秘密保持契約を
締結しています。

これは企業間で情報漏洩などを
防止する取り交わしです。

企業間の業務委託契約の中には
瑕疵担保責任というものがあり、
どちらかが損害を与えた場合
受け持つ責任について
取り決めをしています。

私は壊してしまった装置のことを
即座に上司へ報告しました。

その時の上司は
私を責めるでもなく、
詳細に現状の説明を聞いてくれて
冷静に物事を判断してくれました。

上司は数時間後、
現状をしっかりと把握したうえで
顧客に私の失敗を報告しました。

当然、顧客は
「どうしてくれるんだ」という反応を示され、
激怒しました。
修理費用を調べてから連絡するという事で
我々はしばらく
連絡を待つことになりました。

3日後、
顧客から示された修理費用は
120万円でした。

新品を数百万円で購入するよりは
安いですが、
それでも大変な金額です。

その後、
私は上司と相談し、
どうして装置を壊してしまったのかを
説明に行くことにしました。

説明当日、
顧客の担当者、その上司、
その部門の部門長が立ち合いました。

私の会社からは
私と上司と2人です。

全員が悲しげに
壊れた装置を見つめていました。

顧客の担当者が
「説明をお願いします。」と言い、
私は淡々と事実を
素直に説明しました。
説明をする私の手は
震えていました。
説明を終える頃には
私の喉はカラカラに枯れ、
まるで生きた心地がしませんでした。

「事実詳細は分かりました」と言われ、
あとはどうするのか
顧客の判断に
ゆだねる事になりました。

とても気まずくて
重い雰囲気の打ち合わせでした。

会社に帰ったあと、
契約上の瑕疵担保責任を
改めて確認すると、
やはり我々が借りたものと
同等のものを
顧客へ返却する以外に方法はなく、
私と上司は
自社の上層部に
修理費用120万円を
出してもらえるように
説明、謝罪、稟議作成を進めました。

その後、
私の大失敗は
企業同士の話し合いによって、
あっさりと解決されました。

責任を取る話しや
弁償をする揉め事には発展させず
企業同士の今までの信頼関係の元、
業務方針を軌道修正する事で
対応してくれたのです。

それは、
壊れた装置を
そのまま組み込み
「もし壊れていなければこうなっているハズだ」
というレポートに仕上げ、
本来の私が売り上げる予定の
20万円の仕事として
完結させたのです。

これは
最初に激怒していた
顧客担当者の計らいによるものでした。

この時、私は
「会社員で良かった」と心底思い、
胸をなでおろしました。
また、多くの関係者に謝罪し、
そして感謝しました。

私は、今も同じ会社に
務め続けていますが、
良くも悪くも会社員です。

会社というものの
良いところも悪いところも理解して
会社員を継続しています。
つまり会社員だという
自覚があります。

この大失敗以降、
私は会社で
「働いた労力の対価」として
給料をもらっている。
という考え方をしなくなりました。

自分という存在は
会社の一員であり、
会社の一員として
顧客との繋がりを深めていく、
そんな働き方を
するようになりました。

自分の会社が成長するように
仕事に取り組み、
「会社の成長の対価」として
給料を貰っている。
という考え方に変わっていったのです。

そして
今も会社を成長させるための
人材として成長し続けています。

会社というものは
業務で大失敗をした場合、
失敗を犯した個人を責めて
責任を取らせるようなことはしません。
自分の会社で
過去におきた失敗事例などを
調べてみてください。
もし、あなたが
何か失敗を犯した場合は
誠実な態度で真摯に
事実と向き合って下さい。

嘘でごまかしたり
逃げたりしない限り、
会社として解決に向かう道へ
歩んでいきます。

あなたの失敗も
解決までには時間がかかる事も
あるかもしれませんが、
負けず、挫けず、
頑張って下さい。


必ず解決へ向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました