転職しなくても仕事にやりがいを感じることができる方法

スポンサーリンク

今の仕事にやりがいを感じられなくて
そろそろ限界、
転職も考えなくちゃいけないのか?
と、仕事のことで悩んでいる
あなたのお悩みを解決します。

この記事を最後まで読んで頂くと
転職しなくても
誰でも仕事にやりがいを
感じることができます。
ぜひ最後まで読んでみてください。

仕事にやりがいがない

仕事にやりがいを
感じられないあなた。
それでも毎日のように会社へ行っていて
本当に偉いと思います。

ではいったい、
どうしてやりがいがないのでしょうか?

仕事にやりがいがない理由

・仕事が単調すぎる
・同じような内容で飽きてしまった
・仕事がつまらない
・職場で人間関係がうまくいかない
・頑張っているが給料が上がらない
・勤務先が遠くて通勤が大変
・残業が多すぎる
・有給がとりにくい

「やりがい」という言葉は
漠然としていますが、
「やる気がおきない」という状態にも
似ていますよね。

今の仕事に何か
不満や不安のようなものが潜んでいて、
それが原因で仕事を頑張ることが
できなくなっていませんか?

やる気が湧いてこなくて、
その結果仕事にやりがいも感じない。

仕事にやりがいがないと感じている人は
今の仕事に何かしらの
不満や不安がある事がほとんどです。

やりがいがある仕事に転職しても解決しない

今の会社には
やりがいを感じないので
転職をしたい?

ちょっと待ってください。
本当に転職したら解決できますか?

下記のような例では
あなたならどうしますか?

今の会社、
株式会社ABCは
頑張っても頑張っても
給料があがらない。

給料が上がらないから
やりがいを感じず
転職をしようと決意。

株式会社ABCよりも
給料のよい、
株式会社XYZに
転職しました。

転職して配属された先に
待ち受けていたのは
嫌な上司。

嫌味な性格で
ネチネチと説教が長い。
前の会社にもいなかった
最悪のタイプ。
こんな人が上司だなんて
運が悪いな。

仕事は頑張ったぶんだけ
給料に反映されるシステム。
だけどそれは
他の皆も同じ状況。

なぜか、皆一様に
協力しようとせず
個人プレーが目立つ。
業務は孤独。

転職したものの
人間関係が希薄なこの
株式会社XYZで
このまま頑張り続けることが
できるのだろうか?

困りますよね、
このパターン。

給与面が不満で転職したのに
転職先でまた新しい不満が発生するのです。

仕事は頑張ったぶんだけ
給料に反映されるので
転職は成功したかのように見えます。

あとは仕事を頑張るだけの状況ですが
人間関係が不安になってしまったのです。
これは前職の株式会社ABCでは
人間関係には不満がなかったという事です。

このままだと新たな会社の
株式会社XYZで頑張っていけるのか?
それとも、やりがいを感じなくて
また転職するのでしょうか?

何か違うような気がしませんか?

理想の会社を求めて転職する。
やりがいのある会社に転職する
という考えで
やりがいのある仕事を
みつけようとすると
いつまでもたどり着かない
可能性が高いです。

冒頭示した
仕事にやりがいがない理由を
すべてクリアしなければなりません。

つまり、
やりがいのある理想の会社とは
仕事が単調すぎず、
同じような内容ではなくて、
いつまでも飽きることなく、
楽しい仕事で、
職場の人間関係が良好で、
頑張れば頑張るだけ給料が貰えて、
自宅の近くに勤務先があり、
残業はなし。
有給はとてもとりやすい。

そんな会社。

ないですよね、
そんな会社。


そんなありもしない会社を
求めて転職をすれば必ず何かしらの
不満が発生してしまうことは
確実なんです。

やりがいの正体

やりがいの正体、それは、ずばり
あなたの中の満足感です。

やりがいがあるかどうかは
あなたが満足感を得られるかどうか
で決まってきます。

あなたの体験を通じて、
「よしっ!」
ガッツポーズのでるような瞬間。
成功の瞬間。
あなたは感情が揺さぶられるような
体験から満足感を感じませんか?

あなたが得られるものが
大きければ大きいほど
満足感、達成感が高まり
それが「やりがい」に感じるのです。

あなたが仕事から得られる事は
たくさんあります。

あなたのやりがい
しっかりと自己分析しましょう。

仕事から得られるもの

・特別な手当、ボーナス
・感謝された時の喜び
・チームに貢献できた時の充実感
・誰かの役に立てた
・子供達に夢を与えた
・社会に貢献できた
・部下に頼りにされた
・困っている人を助けた
・関わった人物が成長した
・将来のためになった
・自分のスキルがあがった
 などなど

他にもたくさんあります。
感謝された、褒められた、モテた、
満たされた気持ちは
どんな形でもあなたの報酬になります。

やりがいを得るために必要なこと

やりがいの正体が分かったところで
一歩踏み込みたいと思います。

どうしたらやりがいが得られるのかを
お教えします。

結論は
仕事を頑張ればいいのです。

はぁ?
何それ?

と思ったあなた。

やりがいがないのに
頑張れるわけないでしょ?

と思ったかもしれません。

やりがいがないのに頑張れない。
本当にそうお考えであれば
あなたは一生この先永遠に
やりがいのある仕事はできません。

やりがいの正体は
満足感なのです。

つまり、
仕事をして→何かを得て→満足する。
この順番です。
必ずこの順番になります。

「やりがいがないから
 仕事をやりたくない。」

「どこかに、
 やりがいのある仕事はないかなぁ…」

あるわけねーだろ!

ってことですね。

仕事をやらなきゃ
やりがいが得られないんです。

頑張って何かを得なくては
満足感は得られないのです。
満足感=やりがい を
感じるのは最後です!


仕事が終わったあとに感じるのです。

あー、今日も頑張ったなぁ!
と感じるのは、
今日の終わりに感じるのです。

仕事を頑張らないと、
何も起きません。

やりがいを得るには
仕事を頑張ればいいのです。

やりがいを引き出す

仕事から得られるもので
いろいろな報酬があることが
わかりました。
それでは、
あなたがやりがいを感じるのは
どんな時でしょうか?

やりがいの正体は満足感なので
人それぞれ
手に入れたいモノが異なります。


なんでもいいです。
仕事で得られて
あなたが手に入れたら
テンションが上がるようなモノ。

それを見つけ出して下さい。

仕事のやりがいは人それぞれ

あなたのやりがいを
引き出すために
私のやりがいをご紹介します。

私のやりがいは「感謝」です。
「ありがとう」を貰うことです。

どういう事か説明させて頂きます。

私はエンジニア系の会社で
会社員をしていて
管理職という立場です。

私の仕事で周囲にいる人は
部下、上司、先輩、後輩、
お客様、コンサルの人、営業の人、
商社の人、などなど、
たくさんの人と関わります。

そして、
この方々の誰からでもいいので
「ありがとう」と言われたいのです。
感謝されたいという事ですね。

なんでそんなに感謝されたいのか?

とある大手企業の
スペシャリストYさん
一緒に仕事をした時のことです。

Yさんと一緒になって
いろいろな人と打ち合わせをし、
会議、交渉、議論を行ってきました。

私は立場上、
Yさんをサポートする役割でした。
Yさんが完成させようとしている装置が
エラーや誤動作を起こさないように
システムの安全性を確かめたり、
部品や材料の安全性を
調べたりする仕事です。

私はYさんが求める要求に
悪戦苦闘しましたが
いつも一生懸命に取り組みました。

残業時間が月に100時間を
超える時もありました。

問題を解決できず終電を逃し、
ビジネスホテルに
泊まったこともあります。

一生懸命だったので
働く時間がブラックだとか
要求されることがイジメだとか、
そんなネガティブなことは
1ミリも
考えた事がありませんでした。

それよりも
どうしたらシステムを
安全にできるのか?
どうしたらYさんの言っている
要件を満たせるのか?

何回も同じような内容で
ほとんど喧嘩のような
議論を交わしながら
一歩一歩前進していったのです。

そのプロジェクトは
数年の期間を経て
ようやく実を結びました。

Yさんは
大手企業のスペシャリスト。
いつも多くの人物のお手本となり、
多くの人々を指導してきた、
そんな人物です。

お金を払ってでも
指導を受けたいような
そんなスペシャリストと
いち企業の私が肩を並べて
一緒に仕事をしていたのです。

Yさんと私の契約も
いよいよ最終日の事でした。

Yさんは顔を真っ赤に
目には零れ落ちんばかりの
涙を浮かべて

「白獅子さんがいなければ
 ここまで来る事はできなかった。
 いつも無茶ぶりばかりの私に
 最後までつきあってくれて
 ありがとうございました」

と、感謝の言葉をかけてくれました。

私はこの時の事を今でも
忘れません。

私はこの言葉を聞くために
一生懸命に仕事をしていたのだと、
一瞬でそう理解しました。
Yさんの心からの感謝の気持ちは
私の心の中を青空のように
清々しい気持ちで満たしました。

今までの苦労や困難なんて、
どうでもよくなります。

本当に達成感に満たされて、
この仕事を
最後までやり遂げてよかった。
Yさんと一緒に仕事ができてよかった。
と思ったのです。

Yさんの「ありがとう」
めちゃくちゃ嬉しかったのです。
私は人から感謝されると
とても喜びを感じます。


常日頃から
「ありがとう」と言われるように
一生懸命に仕事をすることで
今でも仕事にやりがいを
感じ続けています。

転職しなくても仕事にやりがいを感じる

私は「ありがとう」と
言われるように仕事を頑張り
「ありがとう」と言われた時に
やりがいを感じます。

これって転職必要でしょうか?

どんな仕事でもどんな職場でも
あなたが一生懸命仕事をして
その結果から
得られるものがあるのなら
今の職場でだって
同じようにやりがいを
感じる事ができるのです。


自己分析をしっかりして
もっと達成感の得られる仕事への
チャレンジへの光が見えてきたら
転職を考えましょう。
転職はその時に考えればよいことです。

もちろんあなたが起業について
お考えであれば、転職とは違って
もっと別の解決へと向かっていくはずです。

まだ自分が実行していない
転職や起業については
あとからじっくりと
時間をかけて考えていけばよいのです。

今は会社に行って
一生懸命仕事を頑張る。
仕事を頑張れば色々と見えてきます。

あなたが何に喜びや幸せを感じるか?
どんな事があなたの感情を
揺さぶるのか?

今できることを頑張れば
そこから全て広がっていきます。

自分を信じて
仕事を頑張ってみてください。


最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました