経営者を辞めたいならコーチングを受けましょう

スポンサーリンク

経営者を辞めたい。

あなたは何回も
辞めたいと考えては
諦めてきました。

心理的にも物質的にも
背負っているものが多いのでしょう。
心では思っていても
実際に経営者を辞める事なんて
できるはずがない。
と、随分と考え方が
偏ってきています。

もう孤独感は抱えなくてもいいです。
私が経営者のあなたに
やるべきことをお教えします。

この記事を最後まで読み
辞めるための準備を整えていきましょう。

経営者を辞める3つの選択肢

経営者というのは
先行きが不安になるものです。
どの経営者も皆、同じです。

会社の経営を辞めるには

「売却」する
「廃業」する
「社内承継」する

この3つしか選択肢はありません。

経営者を辞める、売却について

本当にあなたが
経営者を辞めたいのなら
「売却」つまり
M&Aをすればよいのです。

なぜなら
経営者を引退できて、
売却のお金を手に入れて、
雇用も取引も守れます。

経営状況やタイミングによっては
売却ができないかもしれません。
売却(M&A)だって
簡単な事ではないので
それなりに準備しないとできません。

これから準備して
売却して、
きれいサッパリ引退。

いかがでしょうか?

違うのですよね。
おそらく
あなたの考えは売却ではない。

経営者を辞める、廃業について

あなたの考えが
売却でないのなら
廃業はいかがでしょうか?

潔く廃業も悪くはありません。
あなたが自主的に
判断して事業停止なさるのなら
別に倒産したわけではありません。

廃業も一つの選択肢です。

将来性が不安だから
廃業にするという理由でも
立派な決断だと思います。

もともと
自分の代で辞めるお考えも
あったのでしょう
から
早めの決断も良いと思います。

いかがでしょうか?

ですが
これも違うのですよね。
おそらく
あなたの考えは廃業でもない。

経営者を辞める、残された道、社内継承

事業承継。
社内継承。

そう、あなたが
望む経営者引退は
誰かに企業を継承して
自分は一線からは退く方法です。

それをお考えではないでしょうか?

あなたももうだいぶ
歳を重ねました。
この先永遠に継続することは
不可能です。

そんなときに備え、
次の世代に会社を継承させましょう。

自分の大切な会社。
事業承継に成功すると、
これまでチカラを注いで
人生をかけてきた会社
次の世代に伝えることができ、
廃業も売却もせずに
経営者を辞める事ができます。

自分の子供に事業を継がせるには
選んできた道が違いすぎます。
今からお子さんに相談されても
継ぎたがらないでしょう。

適切な後継者は
従業員から選別してはいかがでしょうか?
そう
「従業員承継」です。

従業員承継は、
会社内承継とも呼ばれ、
会社を従業員や役員に
継いでもらう承継方法です。

あなたの部下だった従業員なら
会社のこともよく知っていて
安心ではないでしょうか?

適切な人選なら
他の従業員から反発もなく
スムーズに進みやすいと思います。

継承するための準備

経営者はあらゆる
秘密やセキュリティを
握っていると言っても
過言ではありません。

あなたが
「従業員承継」をお考えなら
もうすでに頭のなかに
何人か継承者の顔が
思い浮かんだのでは
ないでしょうか?

さっそく呼び出して
個別に面談???
ちょっと待って下さい。

それは危険すぎます。

少なくとも
あなたが事業継承を考えていることを
従業員にポロリとも
漏らしてはいけません。
まだ面談はしないで下さい。

そんな話しをすると
噂話しに尾ひれがついて
色々な憶測やデマが
飛び交います。

あなたが部下の事を信じていても
これは人間の心理。
まだ話す時ではありません。

従業員の誰一人として
気軽に事業継承について
相談なんてできるはずがないのです。

まずはあなた自身についてです。
しっかりと自分自身について
考えなくてはなりません。

あなたがこれから
どう生きていきたいか
しっかりと考えて下さい。

経営者に不足しているのは自己分析

いままであなたは
経営者という立場で
色々な問題や困難を
解決へと導き、
今日に至るまで
経営を続けてきました。

スキル、決断力、
判断力、リスク回避能力。
総合力であなたに勝る
従業員はいないでしょう。

しかし、
あなたに不足しているのは
自己分析です。

あなたは経営者。

今まではその手腕で
乗り越えてきました。

いつの間にか
あなたを指導する人、
あなたを教育してくれる人材は
いなくなってしまったのでは
ないでしょうか?

経営者とは
そういう意味で
孤独な一面もあります。

自問自答のすえに
乗り越えてきた
経営者人生かもしれませんが、
これから先のあなたは
教わる立場に戻って下さい。

あなた自身を見つめ直すためです。
自己分析をし直すための教育を
ちゃんとした専門家から
受けるべきです。

経営者に必要なコーチング

コーチングという言葉を
ご存じでしょうか?

コーチングとは
相手の話に耳を傾け、
観察や質問、
提案などを通じて
相手の内面にある
「答え」を引き出し
目標達成を支援する手法です。

あなたには
事業継承という
達成すべき目標があります。

あなたは専門家から
コーチングを受けるべきです。

コーチングの中で
必ず新たな学びが生まれます。

コーチングを受けながら学ぶなら【CoachEd】

しかありません。

あんたが事業継承を進めるための
相談相手は
第三者の立場で、かつ、
利害関係なく対話のできる
人物でなければなりません。

CoachEdは受講する前に
コーチングサービスも
体験することができます。

あなたの中にある
不安や違和感は
決して一人で解決できる
レベルのものではありません。

コーチングという
コミュニケーションの中で
論理的に理解し
ひとつずつ解決していきましょう。

さらにCoachEdは
コーチングを受けながら
コーチングも学ぶことができます。

つまり、
教わることと
教える技を
両方習得する事ができるのです。

あなたがCoachEdで学んだ事は
将来あなたの事業を
継承する従業員へのコーチングで
活用できるのです。

コーチングならCoachEd

私は経営者のあなただからこそ
専門家であるCoachEdから
学ぶべきだと考えます。

多くのコーチングの専門家がいますので
下記のページから
CoachEdについて、
ご自身で調べてみるとよいでしょう。

実際に経営者も
コーチングを受けています。
実際のインタビューもありますので
参考にしてみてください。

実際にあなたにとって
コーチングが必要かどうかは
あなた自身が決めればよいでしょう。

無料のプレコーチングなら
オンライン(zoom)を活用して
実施できますので
「無料のプレコーチングを申し込む」の
ボタンから
お問い合わせフォームへ
必要事項を記入して
申し込みをしてみればよいでしょう。
(ページ上部のオレンジ色のボタンです)

CoachEdは企業の中で
チームを育てたいリーダーのための
コーチング習得プログラムを
おススメしています。

しかし、
私がCoachEdを
真に奨めたいのは
あなたのような経営者です。

経営者というのは
極端に学びが少ないです。
企業の頂点という
印象を与えてしまうからでしょう。

しかし、経営者も人間です。
不安や悩みをいつも
抱えている。

そんな経営者のあなただからこそ
利害関係のない
第三者CoachEdでコーチングを
受けて欲しいのです。

いずれ辞めなければいけない
経営者です。
どうかお早めに自分自身について
望んだ生き方ができる
チャンスを掴みとって下さい。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました