仕事で同じミス。また注意され自信喪失。

スポンサーリンク
仕事で同じミス。また注意され自信喪失。
仕事で同じミス。また注意され自信喪失。

仕事で同じミスばかり
何回も注意されて自信喪失している
入社間もない20代のあなた。
そんなに落ち込む必要はありません。
この記事を最後まで読んで頂き、
一つずつ解決していきましょう。

仕事で同じミスをしてしまう

いつもミスをしてしまう。
朝言われた事はメモして覚えている
夕方頃になると
「あれ?どうするんだっけ?」と
分からなくなってしまい、
自分なりに試行錯誤した結果
言われていたこととは全然違う結果に。

当然、帰る前には一度報告するものの
言われた事ができていない!
と指摘されてしまう。

どうしてこんなにミスばかり、
自分は全然仕事できていない。
この仕事向いていないのかな?

とお考えのあなた。

全然大丈夫です。

仕事で同じミスをしたのに、なぜ大丈夫なの?

入社間もない頃は
まだセオリーが確立していません。
セオリーとは理論や定石の事です。
仕事の進め方がわからないうえに
知識も乏しい。

そんな手探り状態のあなたが
先輩や上司からアドバイスを受けたって、
100%成功する事のほうが珍しいのです。

つまり、だいたいの入社間もない20代は
みんなミスをします。

そして同じミスを繰り返します。
あなただけではないのです。

あなただけが同じミスを繰り返す
問題児ではない。
だから皆と同じ、大丈夫なんです。

自身を失った時の考え方

ミスの連続で自信を喪失してしまったら、
家に帰って考えて欲しい事があります。

自信を失った状態で
次ぎの日もテンション低く
出勤するのでしょうか?

テンション低い状態で出勤して、
今日のミスの続きから明日も続行なんて、
もう嫌になりますよね?



だから気持ちの切り替えが必要です。
寝たらリセット!
この考え方を徹底して下さい。

確かに明日の仕事は今日の続きから始まります。
でも自信喪失したのは今日の出来事であって、
明日のあなたは違います。
明日はこれから始まるのです。

だから明日はミスしないように
頑張ればよいのです。

なぜミスをしたのか?

メモ取りましょうと言われるので、
確かにメモを取りましたよね。
でもミスをした。
なぜでしょう?やる事をメモしたのに??
そう、メモがミスしているんです。


朝言われた事をメモした時の
メモがミスしているのです。
先輩が言っていた「やる事」を聞きながら、
自分の解釈を通してメモをしていませんか?



あれ?どうするんだっけ?

と分からなくなった時に、
あなたは自分なりに試行錯誤しましたよね。
なんとか起動修正しようと頑張った。
でもミスをした。なぜでしょう?

最善の策を考えたのに?
そう、迷った時は自分で試行錯誤してはいけません。

あなたが思考錯誤している姿を見て、
先輩は
「うんうん、私が説明してあげたように
 しっかりやっているね」と、
全然違う気持ちで見守っています。

すれ違いだらけです。

同じミスをしないための対策

同じミスをしないためには
朝言われた事はそのままメモをとる。
自分の考えはあとで考えればいいのですから、
とにかく、上司や先輩の指示を
そのままメモに書き残しましょう。

「あれ?どうするんだっけ?」となった時、
ココが一番の軌道修正ポイントです。
この時に先輩を呼び、
「今こうなっていますがよろしかったですか?」と、
見てもらいましょう。

ココで全然違うなら指摘されますが、
夕方報告するよりはダメージが全然少ないです。
朝の作業を全部無駄にしたとしても
夕方一日分の作業を全部無駄にした時に比べれば
半分以下のダメージで済むでしょう。

自分のやっている作業に
先輩も巻き込むくらいの気持ちで
どんどん聞きまくるのです。

先輩が「それでいい」って言うまで確かめるのです。

誰でも新しいことや難しい事をやると
必ずミスをします。

覚えるためには回数が必要です。
先輩や上司が仕事をうまくこなせているのは
やった回数があなたより遥かに多いからです。

あなたができなくて当然で
上司や先輩ができて当然。

赤ちゃんがうまく歩けなくて当然で
大人が普通に歩けるのが当然。

と、同じくらいだと思って下さい。

だから何回もやればできます。
コツコツ頑張ればきっとできます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました