ビジネスにおけるリスクアセスメント

スポンサーリンク
ビジネスにおけるリスクアセスメント

リスクアセスメントとは
危険度や脆弱度について
評価したり、査定したりする事を言います。
リスクとアセスメントを合わせて
リスクアセスメントです。

リスクアセスメントの基本

ビジネスにおいても色々と
リスクがありますが、
小さい事なら多少のリスクがあっても
許容しますよね?

リスクアセスメントではまず、
リスクを許容することができるかを決めます。
許容する事ができないリスクなら
予防方法を検討します。
リスクが発生しないように
前もってガードしておくためです。

それでもリスクが発生してしまう。
そんな場合を想定して、
リスクが発生した時の
対策も検討しておきます。

このように「リスク=悪い出来事」
発生しないようにする
あるいは
発生しても大丈夫なように備えておく。
それが、リスクアセスメントです。

ビジネスのリスクアセスメント

ビジネスで稼いだお金で
生活をしていくためには
少なくとも生活ができる費用以上の
収益を得る必要があります。

すなわち、収益を得られない事が
リスクとなります。

現在会社員をしている方が
年収で400万円を得ている場合で
考えてみましょう。
夏と冬の賞与が
それぞれ1カ月と仮定すると、

400 ÷ (12か月 + 1(夏) + 1(冬))
= 28.57万円

月に28.57万円を稼ぎつつ、
年に2回、給料とは別に
28.57万円を得る必要があります。

月に28.57万円得られるか?
得られないか?
継続できるか?できないか?

お金を基準に考えれば
とてもわかりやすいですよね。

リスクの考察

ビジネスのリスクアセスメントで
お分かりのように
失うお金について考えると
リスクについて
分かりやすくなります。

失うお金が大きいリスクほど
より強固な対策が必要でしょう。

失うお金が大きいリスクの順に
対策も考えていけばよいのです。

脱サラのリスクアセスメント

脱サラをしてビジネスで
成功を得ようとしている方の中には
リスクアセスメントが不十分の方がいます。

そんな脱サラしたい方へ、
私がリスクを提案しますので
リスクアセスメントして
回避策や対策を考えてみて下さい。

・パソコンが使えなくなった時など、
 稼げるツールが稼働しなくなった場合
 どうするのか?

・作業できる環境がなくなった場合
 どうするのか?

・作り上げた稼げる仕組みが
 成り立たなくなった場合、
 どうするのか?

・会社員時代より収益が落ちたら
 どうするのか?

いかがでしょうか?
脱サラのリスクアセスメント。

勢いで脱サラしてしまうと
生活が成り立たなくなりますよ!

じっくり考えて
それぞれの回避策を用意しましょう。
また、仮にリスクが発生しても
耐えうる備えや対策を!

相談のお声かけを頂ければ
私が一緒に回避策を考えますので
不安な方はご連絡下さい。


以上、最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました