「お疲れ様です」と言ったら怒られました

スポンサーリンク
中村さん
中村さん

上司に「お疲れ様です」と言ったら
怒られました。
なんだったのでしょうか?

村中さん
村中さん

私も言われました。

意味がわかりませんでした。

度々相談されますが
「お疲れ様です」が
あまり適していない事があるようです。

今回の記事では
そんな「お疲れ様です」について
わかりやすく理解できるように
書かせていただきました。

最後まで読んで
参考にしてみてください。

お疲れ様ですがダメなのはなぜ?

お疲れ様ですには
相手の苦労をねぎらう意味があるので
とてもいい言葉です。
ダメじゃないんですよ。

一仕事終えたあとに
上司に「お疲れ様」なんて言われると
ホッとしますよね。

だからあなたも
上司に「お疲れ様です」と
言ったのでしょう。
でも上司はホッとせずに
ムッとしてしまったというわけですね。

ねぎらいの言葉というものが
かなり上から目線的な
ニュアンスがあるのです。

つまり
上の立場の人は下の立場の人を
ねぎらいますが
下の立場の人は上の立場の人を
ねぎらってはいけません。

そういう文化があるのです。

簡単に表現すると
殿様が自分のけらいに対して
「うむ、お疲れじゃったのう」
とねぎらったのに対して、
けらいのほうは
「ははっ、ありがたき!」
と返す。

そんなニュアンス。
これは正解です。

あなたが上司に
「お疲れ様です」と言ったら
なぜだか上司が
ムっとしてしまいました。
それはあなたが殿様に
なってしまったから。
おそらくそういうことだったのだと
思います。

簡単に表現すると
こういう事になります。
けらいのほうから
「殿、お疲れ様でございます!」

「なんじゃと!
 わしは疲れとらん!たわけっ!」


ねぎらったのに
怒っちゃうんですよねぇ~、コレ。

だから相手によるということです。
気にしない人は気にしませんよ。

私はちびっこに
「おじさん、お疲れさまぁ」
って言われたら嬉しいですし、
自分の部下に
「お疲れ様です」と言われても
嬉しいです。

あなたが怒られたのは
相手が悪かったのでしょう。

帰る時に「お疲れ様です」は言わない

私は帰宅時の挨拶で
「お疲れ様です」とは言いません。
そう決めています。

全員が一斉に帰る時、
全員で解散の時は
「お疲れ様でした」は言います。

何が違うのかというと
私が先に帰る場合は、
「お疲れ様」は言わないのです。
なぜなら、相手はまだ仕事をしているので
私が帰ったあとに
さらに、疲れる仕事を続けます。
そんな相手に対して
先に帰る私がお疲れ様なんて言ったら
ねぎらってんじゃねーよ!
と思われませんかね?

「お疲れ様って言うなら
 少しでも仕事を手伝ってから
 帰れよ!」

って思われちゃうかも。
そんな不安ってありませんか?

だから先に帰る時は
「お疲れ様」じゃなくて
「お先に失礼します」がいいです。

私は「お先に失礼します」と挨拶して
帰っています。

手伝わずにすいません、失礼します。
私はあなたより先に帰ります。
という意味だから、
「お先に失礼します」のほうが自然です。

お疲れ様と言われて指摘してくる人

「お疲れ様」という言葉そのものは
間違っていないです。
相手によって適さない場合がある
ということだけです。

私のように気にならない人もいます。
しかし、すぐにムっときちゃう人もいます。

ムッと来ちゃう人は普段床屋さんとかで
どうしているのでしょう?
床屋さんとかで髪を切り終わったときも
普通に「お疲れ様でーす」って
言ってきますけどね。
そういう場合は、ムッとこないんですよ。
職場の部下じゃないからです。

つまり
お疲れ様と言われて指摘してくる人は

若い人は知らないから
教えてやらねば!


って、そう考えているんですよ。
だからお疲れ様ですって言っても
「それは失礼だから、やめたほうがいいよ」
なんて、言ってくるんですね。

実際にあなたも怒られましたよね。
怒られたというのか
教えてもらったというのか
微妙なところですが、
知らなかった事を
教えてもらったのです。

教えてもらえたことについては
素直にありがたいと感謝しましょう。

今後はどうする?

お疲れ様は目上の人には
言わないように一応、注意をしましょう。

口が滑って言ってしまっても
気にしなくてよいでしょう。
「お疲れ様です。
 今日はありがとうございます」

のように、
ありがとうを組み合わせると
とても良いですよね。
目上の人に言っても気にならないくらい
グッとよくなります。

間違えて「ご苦労様」と言わないように!
ご苦労様は絶対ダメです。

「殿、ご苦労様です!」

「えーい、生意気!
 こやつを叩き斬れいっ!」


というニュアンスです。

他にも色々と
ちょっと気になる返事や挨拶って
たくさんありますよね。

上とか下とかイヤな人へ

組織の中にいると
必ず上とか下とかを意識させられる
ことってありますよね?

そうすると
人間はそもそも平等なのに
なんで上とか下とか
そんなものを気にしなくちゃいけないんだ!
と思う気持ちが湧いてきます。

この考え方はあっています。
あっていますが、損をします。

そもそも人間には上や下はありません。
私はお疲れ様の会話のやりとりを
殿様と家来で表現していますが、
殿様のほうが人間として優れているとか
人として上だとか、そのような意味はないです。
そこまで深い意味は考えなくてもよいです。

私には兄がいます。
兄は私よりも4つ歳が上です。
兄は私より4年も早く生まれ、
そして私よりも4年も先に
色々なことを経験し、
そして弟である私と共に
生活をしてきた家族です。

私にとって兄は、
尊敬する人生の先輩です。
経験値が高く、優しい兄のことを
私は尊敬しています。

兄がお金を持っているとか、
頭がいいとか、友達がたくさんいるとか、
部下がいるとか、肩書があるとか、
そういう理由で「上」だと
思っているワケではないんです。

優しくて色々教えてくれる
お兄ちゃんが好きなんだ!
ってだけ。とても単純です。

会社の社長、上司、先輩は
私より長く働いている。
だから当然私の知らないような事も知っています。

私より社歴の長い年下の先輩もそうです。

中途で私よりあとに入社してきた人は
私の職場へ配属される前に
前職で私の知らないようなことを色々と
経験しています。

上とか下とかイヤな人は
権力とか圧力を嫌っているのかもしれません。

あなたの周囲の人間は
必ずあなたが経験したことのないようなことを
経験している人生の先輩になりうる存在です。

だから、どんな人でも
無条件に尊敬し、敬い、労うべき、対象です。

「お先に失礼します」
「お疲れ様です」
「ありがとうございます」

気持ちを込めて伝えましょう!

考え方を工夫するだけで
世界が違ってみえてくることが
たくさんあります。
こんな記事もありますので
是非、参考にしてみて下さい。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました