やることないですか?

スポンサーリンク

仕事がなくて暇で暇で
上司に「やることないですか?」
って聞いて

「特にない」って言われた?

白獅子
白獅子

あちゃー。
ダメですよ、そりゃ。

「やることないですか?」って
聞いたら、だいたい
「別にない」とか
「特にない」って
言われて、放置されますよ。

仕事が欲しいなら
少し工夫しましょう。

別にないと言われる理由

何かやることないですか?
と聞かれたら、
忙しい上司や
忙しい先輩は
イラっとするんですよね。

本当はイラっとする上司や先輩に
問題がありますが、
その話しは別の機会にしましょう。

なぜ、上司や先輩が
イラっとするのか?
そっちを中心に考えていきましょう。

それはあなたとの
温度差です。

「やることないですか?」は
暇ですと宣言しているようなものです。

だから、
あなたが勇気を出して
仕事をもらいにいった
渾身の一言が
フルスイングで
空振りするのです。

そんな温度差じゃ
仕事を手伝ってもらっても
邪魔なだけ。

「お前に出来る仕事なんかねぇんだよ」
って事ですね。

やることは山ほどある

あなたは上司や先輩から
仕事をもらうつもりで
いたのだと思います。

何かやることありますか?
私にできる仕事ありますか?

それって、
ちょっとだけ
上から目線なんですよね。

「仕事があるなら言ってくれれば
 やりますよ。」
というような態度に
勘違いされる危険性があります。

上司や先輩が忙しいんだから
実はやらなきゃいけない事が
山ほどあるんです。

やることがありすぎて
手が回らない程です。

忙しい人が羨ましい

仕事がある人が羨ましいです。
やる事あっていいな…。

いやいや、
ちょっとまって下さい。

忙しい人がいるって事は
仕事が終わらなくて
困っているという事です。

あなたは「やる事をください」と
言いに行く前に
やるべき事があります。

それは
上司や先輩が今
何をやっているのかを
知る事です。

観察が足りないのです。
上司や先輩をよく見て下さい。

電話が鳴れば電話に出て、
誰かに話し掛けられたら
相談にのって、
予定表を見れば
打合せや会議やプレゼン。

昨晩も最後まで残って
遅くまで資料作成。

そんな忙しい人へ
あなたからの
「やることください」
これはもう先輩にとってみたら
「やることください」攻撃。

ちょっとアプローチを
変えたほうがいいと
思いませんか?

仕事はもらうものではない

結論からお教えしましょう。

仕事というものは
もらうものではないんですよね。
会社員の方々は
よく勘違いしてしまうようです。

自営業の方が自営業の方に
「やることないですか?」って
聞いたらどうでしょう?

「はぁ?」

って感じですよね。

仕事というのは
巡り巡って、お金の事だと
考えて下さい。

そうすればよくわかりますよね。

仕事くれ=お金くれ。
って事なんです。

あげるわけないんですよ。

「私にできる仕事ありますか?」
=「私はお金稼げますか?」
って事です。

回答としては
「知らねえよ!」
という事になります。

あなたも注意して下さい。
仕事はもらうものではありません。

「できる仕事ありますか?」
という質問は
人になげかけるものではなく
自問自答するものです。

「使えない」烙印

あなたのようにまだ仕事を
1から10までこなせない
若い世代のぶんまで
上司や先輩は頑張っています。

それこそ、
1.5人分、2.0人分を
一人で担当している
上司や先輩もいるでしょう。

そんな上司や先輩のように
仕事を1から10までできるようになれば
いくらでも仕事をもらえます。
あなたに仕事を任せてくれるでしょう。

しかし
あなたのレベルではまだまだ。
いずれ仕事ができるようになれば
信頼されて少しずつ任される事が
増えていきます。

上司や先輩に
怒られたとしても
萎縮してはいけません。
そこは勇気を振り絞る必要があります。

自分も成長するという意欲。
頑張って仕事がしたい
という気持ちを無くしてしまうと
あなたの成長は止まってしまいます。

成長が止まれば
「やることないですか?」
すら言えず、
先輩や上司との会話を避けて
暇な会社で
ただ時がすぎるのを待つだけ。

机にボーっと座っているだけの
あなたの姿を見て
「使えないヤツ」という
烙印を押されてしまうでしょう。

やることがない時に仕事を引き出す最適なアプローチ

仕事はもらうものではありません。
今自分には何ができるだろうか?
と考えてみて下さい。

上司や先輩が忙しい事は
わかりました。

その姿をみて
あなたにできることは
ありませんか?

あなたが先輩と同じように
資料なんか作れなくったっていいんです。
先輩も
「お前にできるわけねーだろ」
って思っています。

あなたが
上司や先輩の手伝い、
手助けが少しでもできるなら
それをやればいいのです。

例えば

・捨て忘れているゴミを出しておく
・資料を印刷してまとめておく
・掃除や片付けをしておく
・部品や材料を整理しておく
・資料の誤字脱字をチェックする
・会議を始める前の準備をしておく
・洗っておく、水を入れ替えておく
・戸締りをしておく
・詰め替えておく

こんな雑用っぽい事でいいです。
とにかく、
なにか役に立つような事です。

上司や先輩が
自然と「ありがとう」と
言ってしまうような
ことをお手伝いしましょう。

もちろんアピールも必要です。
やったことは報告してください。

「先輩、出しっぱなしだったんで
 片づけておきました」

「先輩、資料読ませてもらいました。
 ここに誤字がありました」

「先輩、昨日のぶん、
 ファイルに閉じておきました」

こんな感じです。

思わず「ありがとう」って
いいそうですよね。

自分で探せばやる事なんて
いくらでもあるものです。

この繰り返しによって
先輩のあなたを見る目が
次第に「気が利くヤツ」という印象に
変わっていきます。

「やることないですか?」と
聞くくらいなら
「先輩!私にお手伝いできることは
 ないでしょうか!?」
と、聞きましょう。

「先輩!私にお手伝いできることは
 ないでしょうか!?」
という言葉の裏には
手伝いたいけど、何をしたらいいのかわからない
私も役に立ちたい!
私も先輩の仕事を手伝いたい!


そんな気持ちが伝わってきます。
「やることないですか?」
とは全然違いますよね。

まとめ

やることないですか?
って聞いて
ウザがられたり
怒られたりするくらいなら
難易度軽めの雑用を手伝って
「ありがとう」って
言わせちゃいましょうよ。

雑用は言われてからやっても
褒められません。

自分は今何ができるのか?
と一生懸命考え「ありがとう」を
引き出していきましょう。

「やっておきました」の
報告も忘れずに。

お疲れ様ですって言ったら
怒られてしまったことがある人は
コチラの記事も
合わせて読んでみるといいですよ。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

番外編

もっともっと全然雰囲気が違う
こんなじゃない職場。
もっとどす黒くて
邪悪な職場もあります。

いわゆるブラック企業です。

あなたの気持ちはやる気があるのに
その気持ちをへし追ってくる場合が
あるのです。

あなたの心が苦しみから
逃れられない時は
私が一緒に解決策を考えますから
勇気を出して私に連絡をください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました