「お先に失礼します」言えない時の技

スポンサーリンク

お先に失礼します。
って言えないからって
スーッと消えるように
帰っていませんか?

それマズイです。
やめたほうがいいですよ。

なぜかって?
この記事を最後まで
読んで頂ければ
きっとマズイとわかります。

お先に失礼しますは失礼?

職場にはまだ残って
仕事をしている人がいるのに
「お先に失礼します」といって
先に帰ってしまうのは
失礼ではないでしょうか?

と、ご相談を頂きましたが
「お先に失礼します」は
挨拶なので言ってから
帰ったほうがいいです。
失礼ではありません。

朝の
「おはようございます」
「おはようございます」
と交わす挨拶と同じです。
それの帰る時
バージョンです。

明るい挨拶というのは
気持ちのいいものであり、
本来帰るときは皆が
「お先に失礼します」
「お疲れ様っ」
と言葉を交わすべきものです。

ですので、
言ったほうがいい事です。

お先にしますは恥ずかしい?

「お先に失礼しますっ」

「……………。」



これです!
このパターン。

このパターンが嫌なんですよね

お先に失礼しますって
言っているのに
誰も何も言わなくて
なんだか
恥ずかしいような
気まずいような。

これ、
あなたの言い方が少し
ダメなパターンです。

あなたの
「お先に失礼します」って
誰に言っていますか?

誰に向けて言っているか
分からないような
雰囲気でお先に失礼します
って言うと、

聞こえている人は

「ん?
 私に言ったのかな?
 私じゃないかな?
 どっち?え?」

という「誰?誰?」現象がおきます。

これを2,3人の場所で
やっていると
誰も挨拶を返しません。

だって、もしも
「お疲れ様っ!」って
返事を返して
言っている相手が自分じゃなかったら
恥ずかしいじゃないですか!
だから返事はしません。

恥ずかしいのは
お互い様なんですよね。

この場合の対策は簡単です。

大きな声で
「お先に失礼しますっ」と言う事により
皆に言った事が伝わり
返事がなくても気まづくなりません

大きな声で挨拶するのが恥ずかしい

そもそも大きな声で
挨拶することが苦手で
恥ずかしいですよ。
という方は
名指しで挨拶してください。

隣の席の、小林さんに
「小林さん、お先に失礼します」
と、言うのです。

これで小林さんは
「あっ、お疲れ様です」
と返事を返します。

小林さんが返事をしてくれなくても
気にすることはありません。

仕事に集中していて
返事ができない状態なのでしょう。

反対の席の山本さんに
「山本さん、お先に失礼します」
と、言うのです。

これで返事が返ってくるはずです。

挨拶だから気にせずに
言ってください。

山本さんがダメな場合は
少し離れた伊藤さんの
目を見て軽く会釈。

すると、「お疲れ様」と
言わないまでも
無言の会釈返し。

この3段構えなら
かならず「お疲れ様」
ゲットして帰宅可能です。

挨拶はビジネスマナー

挨拶は色々ありますが
全部とても良い事です。

私が特に好きな挨拶は
「ありがとうございます」ですが、
「お先に失礼します」も
いい挨拶です。

挨拶しても返事がないと
嫌になりますが、
あなたは間違っていません。
頑張ってください。

他の人がしていなくても、
少しくらい恥ずかしくても
あなたはしっかりと続けて下さい。

挨拶は社会人のマナーであり
ビジネスマナーです。
挨拶は必ずしましょう。

挨拶しないほうが普通?

うちの会社はみんな挨拶しないので
挨拶しない事が普通なんです。
って、思ったあなた。
それ間違っています。

挨拶は社会人の基本と言われ
とても大事なビジネススキルです。

挨拶が出来ない方々もいますが
やらなくてもいいと
勘違いしてはいけません。

挨拶をしていないと
あなたの知らない所で
とても恐ろしい事が起きています。

挨拶ができない事は
= コミュニケーションがとれない
という評価をされます。

コミュニケーションがとれない人材
= 協調性がない。
という評価に発展します。

挨拶がない、
または挨拶しても返事がない
という方は
たとえ仕事ができても
評価が悪くなりやすいのです。

事実、私の会社で考課評価項目に
「気持ちの良い挨拶ができているか?」
という採点項目があるくらいです。


極端に言えば、挨拶をしない人は
ボーナスが減る。って事ですね。

みんながやっていればやる、
みんながやっていなければやらない。
挨拶はそういうものではありません。
誰もやらなくても
あなただけは必ず挨拶をして下さい。

残業しないから「お先に失礼」が気まずい

「時間外労働を減らそう」
「ノー残業デーを作ろう」
「定時退社日は速やかに帰宅」
って、言っていますが
みなさん残業するじゃないですか!?

だから「お先に失礼」と言って
先に帰るのが気まずくなるんですよ。

みんなで一斉に帰宅すれば
「お先に失礼します」じゃなくて
「お疲れ様です」って言って
帰れるのに
なんで残業するんですか!?

あー気まずい。

って方におススメの方法を教えます。

お先に失礼しますのおススメの方法

残業やるき満々の
すぐに怒りだす鈴木先輩にも
使えるスキルです。

「鈴木さん、今ちょっとだけいいですか?
 今なんですけど、ココまで進んでいて
 続きは明日やろうと思っているのですが
 今日はお先に失礼してもよろしいでしょうか?
 もし、鈴木さんのほうの
 お手伝いをする事があれば
 少しだけなら私も残業できますが
 どうでしょうか?」

この報告技です。
この報告技をくらった鈴木さんは

「あー、いいよ。
 俺もすぐ帰るし。
 お疲れっ」

とか言ってくれるので

すかさず
「はい。お先に失礼しますっ」

というパターン。

相手の「お疲れ様」を
先に出させてからの
「お先に失礼します」の技です。

この技は実際に私もよく
部下から言われる技なのですが、
報告によって部下の進捗が
そこそこいい事も分かるし
残業するほどの事でもない。
ようするに順調。

今日は帰りたいって言っている部下に
私の手伝いだけのために
「残業して」って、
指示は出しにくいんですよね。

となると、
もう残された返事は
「お疲れっ」

これしかないんです!

この技を成功させるには
帰るタイミングで
そこそこ進んでいて
日程的に間に合っている時です。

かつ、先輩の手伝いを
するほどでもない場合です。

先輩が激務で泣きそうなときは
「そうか(泣)、
 手伝ってくれるのか(泣)、
 それじゃコレをお願い(泣)」
なんて言って、
残業が始まる可能性がありますから
先輩の状況も
よくチェックしておく必要があります。

このように
順調である進捗を伝えて
かつ、
もう帰りたい雰囲気を出せれば
「調子のって先帰ってんじゃねーよ!」
なんて雰囲気は発生しないので、
気にしなくてよいのです。

なんなら、「手伝いますか?」
くらいの余裕が必要です。

だって、言わなきゃ帰れないし
どうせ残業するなら
先輩のぶんも一緒に手伝ったほうが
いいじゃないですか。

帰るタイミングだけ探って
時間潰すのはもったいないです。

サッサと終わらせて
みんなで早くかえりましょうよ。

さー、明日も元気よく
「お先に失礼します!」

早く帰りたいのにメールが返ってこない!
なんて、時はこちらもどうぞ。



最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました