聞いたほうが早い。という考え方。

スポンサーリンク

あなたは会社で
わからない事が出てきたとき
どうしていますか?

とりあえず、
自分で解決しようと
ネットで色々と検索して
調べますよね?


そんなときに知っておいて欲しい
仕事のコツをお教えします。

この記事を最後まで読んで頂き、
参考にしてみて下さい。

分からない事が出てきた

仕事をしていると
必ずといっていいほど
「わからない事」が
発生してきます。

自分なりに考えるのですが
迷ってしまい
わからなくなるのです。

例えばですが、
デスクトップパソコンを買うか
ノートパソコンを買うか、
今の仕事にはどっちが向いている?

さぁ、あなたの仕事ではどっち!?

わからないですよね。
私もわかりません。

調べてみるけど、わからない

さて、
デスクトップとノート
どっちがよいのか?

わからないときは
Google先生に聞いてみよう。
と、いつものように
検索窓にどっちがいいのか
色々な検索キーワードをいれて
パソコンの情報を調べます。

デスクトップパソコンのいい点も
ノートパソコンのいい点も
だいたいわかりました。
値段や納期も調べました。

デスクトップパソコンを買うか
ノートパソコンを買うか、
今の仕事にはどっちが向いている?

さぁ、あなたの仕事ではどっち!?
わからないですよね。

この時点であなたの仕事の時間
何分死にましたか?

調べすぎて迷走

なんとなく
心の中ではノートパソコンで
いこうと決めてはいるものの
スペックを見ていると
価格差がとてもあり
どうしよう、どうしようと
わからなくなってきます。

そうこうしているうちに
「タブレットもありじゃない?」
という意見が記載された
ページを見始めます。

そうだ、今の時代
タブレットで仕事をしなくちゃ
最先端とはいえないですね。

じゃあ、ビジネス向けの
自分の仕事に合致した
タブレットってどんなタイプ?

わからないときは
Google先生に聞いてみよう。
と、いつものように
検索窓に色々な検索キーワードをいれて
タブレットの情報を調べます。

さぁ、あなたの仕事で
タブレットを使う決心はつきましたか?

わからないですよね。

この時点であなたの仕事の時間は
追加で何分死にましたか?

聞いたほうが早い

さて、
今回の記事のタイトルにもなっている
聞いたほうが早い
というキーワードです。

あなたは
パソコンについて
Google先生のチカラを借りながら
色々と調べました。

デスクトップパソコン
ノートパソコン
タブレット
値段、スペック、納期、
使い勝手、
重さ、電池容量、
人気、口コミ、…。

もう嫌というほど
たくさん見ました。

検索して調べました。

もうそろそろ結論を出してもよいでしょう。

さぁ、あなたの仕事では
デスクトップ、ノート、
どちらですか!?

わからないですよね。

これ、
わからないんですよ。


そうなんです。
いくら調べても
わからないんです。


あなたの仕事、職場に
相応しいのが
デスクトップかノートか
なんて、そもそもわからないんです。

ハッキリと明確に
デスクトップパソコンでなくちゃ
ウチの会社は困ります!


って理由がある職場は
どっちか聞かれたとき
「デスクトップパソコン!」って
即答なんですよ。

どっちがいいか
わからないから調べてみよう
という場合、
最初から
いくら調べてもわからない
可能性があります。

そんな時は
上司、先輩、同僚、
誰でもいいです。
聞いちゃってください。

どっちがいいと思う?
って聞いて下さい。

周囲の人がみんな
ノートパソコンが相応しいって
言うのなら、
おそらくノートパソコンを
買っておいて間違いないですよ。

調べるよりも
聞いたほうが早いです。

ネットの調べものは危険

ネットはとても便利です。
色々な知識、経験が散りばめられた
記録の宇宙です。

調べればいくらでも
調べられます。

Google先生に聞けば
もうなんでも教えてくれます。


でも、使い方を間違うと
危険なんです。

わからなかったら
すぐにネットで調べるという
習慣がついている人ほど
いくら調べてもわからない事について
ずっとネットで調べます。

調べてもわからないと
気づいていないのです。
聞いたほうが早いと
気づいていないのです。

困った→わからない→調べる。
と連携されていて
見失うのです。

よく考えてみて下さい。
あなたはネットで調べますが、
ネットはあなたの事なんて調べませんよ。

あなたの職場、仕事のやり方、
そのようなあなたの情報について
ネット側からあなたの事を
調べる事はありません。

ですから、
「どちらかを選ぶ」ような
判断を必要とするもので
「わからない」事が発生した場合、
ネットで情報や知識が増えても
最後にどちらかを判断するのは
「あなた」です。

ネットは判断しません。

だから
わからないものを
いくら調べても
わからないんですよ。

そういうものは
聞いたほうが早いのです。
先輩に相談したほうが早いです。

死んだ時間

私はこの記事で
ネット検索している時間を
何分死にましたか?
という表現をしました。

聞いたほうが早い事を
ただ漠然と調べる事は
仕事の時間を無駄に浪費している事と
同じです。

それは死んだ時間です。

自分の中のリミット

先日、
「AかBか決まったら教えて下さい」
と伝えた部下が、
調べもの地獄にハマり
6時間、
ネットの宇宙を彷徨いました。

なんとか結論をだそうと
頑張ったのでしょう。
(頑張りすぎだよ、泣)

涙目になりかけて
「どっちがいいのか、わかりません」
と戻ってきました。

私は
「先輩の意見を聞いてみたら?」
とアドバイスをすると
先輩がズバリなコメントをくれて
2分で結論が出ました。



ネット検索をする場合
欲しい情報や
判断材料となる決定打が
だせない事があり、
何分もの時間が死んでいきます

聞いたほうが早い。
という考え方を意識すれば
調べごとをする時間を少なくする事ができ
死んだ時間を作らずにすみます。

そのためには
自分の中でリミットを決めておくことです。

私はネットで調べて
【30分以内に
 結論がだせなければ
 誰かに聞いてみる】

というリミットを設けています。

ネットで長時間調べものに
ハマりそうな時は
聞いたほうが早い。という考え方が
とても大事です。

明日からはあなたはもう
ネットの宇宙を彷徨わないで下さいね。

あなたの職場で
彷徨う迷い人を見つけたら
今度はあなたが
「なにか困っている?」と、
助けてあげましょう。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました