仕事に大切な考え方

スポンサーリンク

あなたは仕事をするときに
一番大切にしていることは
なんでしょうか?

急にこの質問をされたとき、私は
「人としての礼儀をもつことです」
と回答します。

これが、すべての職業で
共通の5つのポイントとなりますので
この記事を最後まで読んで
あなたも参考にしてみてください。

挨拶をする

挨拶をしない人は
仕事でトラブルを起こす人です。

あの人はおはようと言っても
返事をしない。

あの人は帰るときに
「お先に失礼します」も言わない。

そんな風に、挨拶をしないことが
あなたの職場の周囲の人の気持ちを
ガッガリとさせてしまいます。

挨拶は必ずしましょう!

お礼をする

お礼をしない人は
仕事を手伝ってくれる人がいなくなります。

手伝うということは
共同作業をするということ。
あなたが誰かの手伝いをする時は
どのような気持ちで手伝いますか?
または、手伝ったあとに
どのような気持ちになりますか?

下記は簡単な例です。

早く出発しないと間に合わないのに
資料をバッグに詰めていて
もたもたとしている部下。
あなたがバックに入れるのを
手伝ってあげなければ
もう電車には間に合いません。

手伝ってあげると
「ありがとうございます!
 助かりました、行ってきます!」と
お礼を言ってバタバタと出かけていく部下。
「やれやれ、まったくぅ」
とは思いながらも
手伝ってよかったと思うはずです。

ところが、
このシーンでお礼を言わない部下なら
どうでしょうか?

「いったい
 何を準備していたんだ!」
と、彼が出かけたあとも
ずっとイライラしませんか?

このように
お礼を言わない人は
相手の気分を害してしまうのです。

いじめをしない

いじめをしないで下さい。
ちょっと強めに言っておきます。
いじめは絶対にしないで下さい。

してないよ!

と返事が返ってくるので
私は安心しています。

では質問を変えます。

仲間外れをしないで下さい!
仲間外れも絶対にダメです!

最初のしてないよ!の声より
返事が小さくなったような気が…。

いじめはしない。
そんなことはあたりまえ。
でも、仲間外れというと
「え!?」と
考え直してしまう瞬間はありませんか?

仕事では
「仲間外れ=いじめ」です。

チームでコミュニケーションをとりながら
一緒に作り上げていくのが
仕事ですから、同じチーム内で
仲間外れをしてはいけません。

嘘をつかない

嘘はとても危険です。

全てを包み隠さずに
ペラペラと喋ることを
「バカ正直」といいますよね。
または
「正直ものはバカをみる」ですかね。

これらの教訓は、
正直すぎる人は
不利益を発生させてしまう。
と教えてくれています。

しかし、
嘘をつくということは
「相手をだます」行為です。

真実を語らないことと
嘘をつくことは意味が違います。

何か不利益を発生させそうなことがあるなら
正直に全てを語る必要はありません。
ですが、
不利益を回避しようとして
嘘をついて相手をだましてはいけません。

正直に謝る

「謝る」は
嘘をつかないに似ていますが
違います。
謝らないという行為は
騙すのではなく誤魔化すのです。

何かあったときに
誤魔化してはいけません。
正直に謝ることはとても大切なことです。

私の話しですが、
私たちが納品したアイテムで
不具合が発生してしまいました。
私はそのアイテムを回収して
部下に修理をお願いしました。
修理に使用する部品は
私たちの手持ちの
在庫部品の中から適当に使用し、
修理完了後に動作確認をして
問題なく動作していました。
無事に修理完了です。

それをお客様へ返却する際に
お客様は質問をしてきました。

「修理は完了ですか?」

「はい。修理できました。
 動作確認もしてきましたので
 もう大丈夫です。
 ご迷惑をおかけしました。」

「修理に使用した部品は
 何を使用されたのですか?」

「私達のもっている
 在庫の部品を使用しました」

「その部品は大丈夫なんですか?」

「大丈夫か、とは?」

その部品が不良品とか、
 実際に使用すべき部品より
 性能の悪い部品とか、
 そのようなものは使用していませんか?」

「いつも使用している部品なので
 大丈夫なハズです」

「大丈夫なハズ??
 どうやって選んだのですか?」

「…」

「…」

「すいません。
 適当に選んでしまいました。
 使用した部品について
 すぐに調べてきますので
 今一度お時間をください。
 ごめんなさい!」

私はこのとき
一瞬ですが
「交換する部品もちゃんと
 性能確認できています」
と、誤魔化しそうになりましたが
適当に部品をチョイスした
一連の流れを思い出し、
適当に選んだことを正直に伝え、
謝りました。

お客様とはその後も
良好な関係で仕事を継続しています。

謝罪することはとても大切なことです。
信頼をつくりあげていくためには
正直に謝ることはとても重要なことです。

礼儀を尽くす

5つのポイントの共通点
それは「礼儀正しさ」です。
礼儀を尽くして仕事をすると
相手からも信頼され大切にされます。
日々の仕事がとてもやりやすくなります。
礼儀正しさは就職する前から
あなたが生活の中で学んできたことです。
誰でも、どんな職業でも、
向き合えば必ず実施できます。

ところが、
誰でもできる、挨拶、お礼、謝罪、
この礼儀を疎かにして
仕事をする人がいます。

そのような人は相手に嫌われ
些細なことをキッカケに
大きなトラブルへと発展していきます。

仕事とはひとりで
完結するものではありません。
常に誰かとコミュニケーションを
とりながら行うものです。

上司、同僚、お客様、
あなたと多くの人が共同の中で
成り立つ世界
です。

礼儀とは何か?

礼儀というと重く感じますが
簡単に表現すれば
「相手のきもちを考えること」です。

挨拶、お礼、仲間外れ、嘘、謝罪、
どれも相手があってのことです。

礼儀を形式上で心のないまま実行すると
相手には伝わりません。

「お先でーす」

「あざーす」

「はいすいません」

「大丈夫ですよ、たぶん」

「いいんじゃないですかねぇ」

「大丈夫なハズですよー」

このような会話が、
時々あるかもしれませんが
「相手の気持ち」を考えているか
よく聞き取りをしてみて下さい。


敬語を正しく使えても心がなければ
失礼な人になってしまいます。

「後ほど、対応させていただますので」

「左様ですか、失礼しました」

「対応可能かと思われます」

「良いではありませんか」

「可能と聞いておりますが」

敬語を使用していても
どこか他人行儀で失礼な人というのは
本心で相手の気持ちを
考えていないことがあります。

会話をしているとわかるものです。

自分を守るためには

挨拶、お礼、仲間外れ、嘘、謝罪、を
怠る人は相手に嫌われたり
相手の人が気分を害してしまい
トラブルになります。

礼儀ができていない人は
実は「自分を守る」ために
やっています。

ところが、
自分を守りたくて
嘘をついたり、

自分を守りたくて
謝罪を回避する行為というものは
必ず自分に火の粉となって
振りかかってきてしまいます。

自分を守りたいのであれば
「相手の気持ちを考えて、尽くす」
こと。

自分のことを考えないで
相手のことを考えると
自分が守られます。

仕事に対する考え方が変わってくると
仕事をもっともっと進化させ、
どんどん仕事を向上していくことができます。
仕事に大切な考え方を
身に着けたあなたなら
コチラの記事を読んでさらに
パワーアップできると思います。
是非!読んでみて下さい!!

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました