販売の仕事が向いていないので、もう辞めたいです。

スポンサーリンク
鮎川さん
鮎川さん

白獅子さん、私、販売の仕事に向いていないので、退職したいです。

白獅子
白獅子

そうですか…。
鮎川さん、ちょっとだけお話し聞かせてもらってもいいですか?

販売の仕事をしている鮎川さんから相談されました。もしあなたが販売の仕事をしていて鮎川さんと同じように悩んでいるのなら、販売の仕事を見直すキッカケになるかもしれません。

この記事を最後まで読んで参考にしてみてください。

あなたはなぜ、販売の仕事を選んだんでしたっけ?

思い出してみてください。あなたが販売という仕事を選んだ理由。販売の仕事というのは「人と話すのが好き」な人が選ぶ傾向があります。あなたも人と話しをするのは好きだと思います。

それなのにどうして販売の仕事が向いていないと思うようになってしまったのでしょうか?

「人と話す事が好きだったけど、お客さんと話すのはなんだか難しくて…。」そんな風に感じているのではないでしょうか?

「販売=人と話す」はちょっと違います。

販売の仕事だから人と話しをする仕事なんだ、と結びつけるのはちょっと違います。販売は販売です。極端なことを言えば話さなくてもお客様に商品を販売できれば仕事として成立します。

つまり販売の仕事はお客様に商品を売るという仕事です。話す事が好きな人でプラス「商品を売りたい」という人は販売の仕事に向いています。

人と話すのが得意な人は確かに人と話すのが上手です。でもそれは友達や家族とお話しするときの事で、仕事でお客様とコミュニケーションをとることとは違いますよね。似ているけど違います。

販売って素敵な仕事

お客様に商品を売るって素敵な仕事だと思います。自分が伝えた商品をお客様が買って、喜んでもらえるからです。

いい商品に巡り合ったお客様は販売員に感謝します。あの店員さんのおかけでこんなにいいものに巡り合えたって思うからです。

お客様から「ありがとう」って言われるととても嬉しくありませんか?私はよく行くお気に入りのお店があるのですが、そこで働いている販売員さんの事がとても好きです。

  • 笑顔が素敵
  • 商品の説明に説得力がある
  • 私が欲しいものがわかる
  • 買わなくても嫌な顔しない
  • 私の予算なども正しく考慮してくれる

行けばいつもそのお店にはいつもの販売員さんがいて、私のことを覚えているので、「今日はどうされました?」という感じで会話もスムーズなんです。「お時間大丈夫ですか?」など、私のことを気遣ってくれる優しいところも好きです。

販売員さんって素敵ですよね。

もう少しだけ、辞めずに頑張るには

人と話すのが得意なあなた。そのスキルは販売の仕事でも活かしていきましょう!

ただ、先ほどの素敵な店員さんのように「今日はどうされました?」「お時間大丈夫ですか?」などなど、このような会話は人と話すというよりは、相手のことを気遣う会話です。友達や家族とおしゃべりするのとは違います。

あなたは販売の仕事が向いていないと思って、退職したいと思ったのかもしれませんが、販売は仕事ですからうまくいかないときもあります。

仕事というものはいつも完璧、いつもパーフェクトなんてことはあり得ません。必ずミスしたり、後悔したりしながら学んでいくものです。あなたが販売の仕事を好きになるには、理想の店員さんを目指せばよいのです。

あなたの好きな、理想の店員さんを目指して自分を磨きあげていきましょう。

お客様は素敵な販売員のあなたから商品を買いたいのです。あなたも精一杯お客様の役に立てるように、相手の気持ちになって一生懸命おすすめ商品を紹介しましょう。

あなたの販売という仕事はとても魅力的だと思います。自分の販売という仕事に対して、誇りをもって、お客様の役に立って、喜ばれて、感謝されて、そうやってあなた自信も成長していけると思います。

あなたの個性であなたのカラーで一生懸命に取り組めばきっとよい成果がだせます。無理に明るくて元気な販売員なんて目指さなくても大丈夫。口数の少ない話すのが苦手な販売員でも大丈夫。

お客様って色々です。
みんなと同じものがいいっていうお客様もいれば、みんなと同じじゃイヤってお客様もいますよね。すぐに決められるお客様もいれば、いつまでもモジモジと決められないお客様もいる。

販売って、毎日違うお客様と接して、毎日創意工夫して、刺激的で楽しい仕事だと思いませんか?

販売の仕事に向いていないって思って辞めようとしたけど、この記事を読んだなら、あと3日だけ本気だしてやってみませんか?きっと楽しい部分も発見できると思いますよ!

それでもまた挫けそうになったら、また相談しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました