退職代行を使わず会社を辞める方法

スポンサーリンク

退職代行を使用して後悔する人がいるという情報を何度も見ていると「退職代行はやっぱりやめておいたほうがいいのかな?」と思いませんか?

会社を辞めるタイミングというのは人それぞれですので、退職代行を使用したほうがよいケースもあるでしょう。

でも退職代行を使わずに会社を辞める方法があります。

この記事を最後まで読んで参考にしてみて下さい。

退職代行を使って後悔した人

せっかく退職代行を使用したのに代理人と会社の間で揉めごとが発生して、キレイさっぱりと辞められなくなってしまうケースがあります。

もし自分が退職代行を使用するとしたらそれだけは避けたいところです。

退職代行を使用して、明日からもう会社に一切顔を出さないくらいの気持ちですから「交渉決裂」なんて結果は望んでいません。

会社に置いてきた私物でさえ全部破棄して欲しいのに…。

退職代行を使用して後悔した人のエピソードを見たり、聞いたりしていると「退職代行」どうしようかなぁ~?とずいぶん頭を悩ませてしまいます。

発想の転換

あなたは会社を辞めるために退職代行を使用することを考えていると思いますが、会社を辞めたあとはどうされますか?

ココが発送の転換ポイントです。

会社を辞めたあと、次の仕事への内定までブランク期間が長くなれば長くなるほど転職が不利になっていきます。

もし、今の会社を退職したあとにすぐ次の仕事に就いたほうがよいと考えるのであれば「退職代行」を使用するよりも「転職活動」をしたほうがよいのではないでしょうか?

転職するための準備

転職するためには次の会社を決めなければいけません。

そのためにはまずリクナビNEXT のような転職サイトに登録して求人を眺めてみて下さい。

会社を辞めることを想定して、次の転職先に視点を移すんです。

そうすることで、退職代行を使用した時のデメリットを悩むよりも大切なことがあることに気が付けます。

それは、あなたが「会社をやめたあと次にどんな仕事をするか?」です。

転職する準備、あるいは転職サイトを登録しておくだけでも気持ちは将来へと向き合うハズです。

転職サイトに登録したからといって、必ず転職すると決まったわけではありません。

求人や固定給だけ眺めてみて、今の会社に残留したっていいのですから。

スカウトというシステム

リクナビNEXT のような転職サイトに登録すると、求人を閲覧するだけではなく「スカウト」というシステムがあります。

あなたの職務経歴などを記載しておくと企業側からオファーが届きます。

興味がある会社であればどんどん積極的にやり取りを重ねていくとよいでしょう!

あなたをスカウトする企業は積極的にあなたのような人材を求めています。

もし面談をさせて貰える機会があるのなら、堂々と条件を伝えてみるとよいでしょう。

  • 有給はとれるか?
  • 休日出勤はないか?
  • 転勤はないか?
  • 今の会社より給与はよいか?
  • 賞与は何か月程度か?

たくさん会話をして、あなたが求める企業であれば転職を本気で考えてもよいですし、あとから辞退する選択だってアリですよね。

退職代行を使わずに辞める方法

退職代行を使わずに会社を辞める方法はいくつかありますが、私はこのブログ「いつもありがとう」で円満退社を奨めています。

円満退社は双方で納得したうえで辞める会社に対して最後にあなたの感謝の気持ちを伝えて幕を閉じるということです。

しかし、「今直ぐ辞めたい」となってしまったり、「もう会社には行けない」という状況になってしまったり、人によって状況は様々です。

私がおススメする順番はこのような流れになります。

  1. リクナビNEXT のような転職サイトに登録する
  2. 次に働く会社を探す
  3. 転職活動を開始する
  4. 内定をもらう
  5. 現在の会社に退職届を提出する
  6. 転職活動をして内定をもらったことを打ち明ける
  7. 退職して次の会社へ転職

ポイントになるのは「内定」を貰うという点です。

すでに次の会社も決めてしまっている状況で退職届を提出しますので、引き留めなどもないでしょう。

何か理由を聞かれても「どうしても次の会社XXXで働きたかった。それが私の夢だった」と伝えて下さい。現職の嫌な部分だったり、嫌いな上司のエピソードを話す必要はありません。

この方法が退職代行を使用せずに会社をアッサリと辞める方法です。

例外ですが、私の会社に転職活動で内定を取ったあと、給料の交渉をして残留したツワモノがいます。

「給料あげてくれないなら、内定先に「Yes」を伝えます」と言ったらしいです。

結局、給料を少しあげてもらい残留する道を選択して、今も我々と一緒に仕事をしています。

それも選択肢のウチのひとつですね。

まとめ

会社を辞めたい気持ちはとても良くわかります。

私の元に相談へくる方々は続けたくても辞めざるを得ないような人もいます。

あなたが退職代行を使わずに会社を辞めたい気持ちも痛いほどわかります。

明日のことがわからなくなったら、1年先、3年先、5年先のことを想像してみてみるとよいでしょう。

そうするとその将来に向けて「何をすべきか?」が見えてくると思います。

あなたの退職と転職、生活も未来も、全て応援していますので、じっくり考えて答えを見つけ出してください。応援しています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました