Pythonが稼げるって本当なの?

スポンサーリンク

Pythonの入門編とか
初心者向けとか
そういうのは
イッサイガッサイもういらない。

とにかく
みんなどうやって
Pythonを
使えるようになったのか?

そういう事を教えて欲しい
と、お考えのあなた。

この記事を最後まで読んで
参考にして下さい。

プログラミングってそもそもどうやって学習するの?

私の会社でも
プログラミングには
色々な言語が
使われています。

パッと閃く種類だけでも
下記のようにたくさんあります。

HTML、Java、PHP、C#、
JavaScript、C++、Python、
Ruby、COBOL、Swift など

そして、
皆さんどのようにして
プログラミングができるように
なったのか?
それを知りたい
って事ですよね?

工業系の出身者の場合は
プログラミング学習として
学校でならう事が多いので、
会社に入る前から
プログラミングできる
人が多いです。

しかし、
学校で習うプログラミングは
実際の開発や
商品でのプラグラムとは
また少し異なります。

学校で習う
プログラミングは
どちらかといえば
文法的はものや
記述の理解などです。

また、
学習するプログラミング言語も
おそらく
C言語とかHTMLとか
聞いたことのある
言語2,3種類では
ないでしょうか?

学習方法は
学校で習う場合もありますが
自分で書籍を買って
勉強する方法もありますよね。

パソコンを持っている人は
実際に自分でプログラムの
入門編などに
触れてみるのもいいでしょう。

どうやってできるようになるか?

プログラミングがどうやって
できるようになるか?

それは、簡単です。

できる人に教えてもらうのです。

当然かと思いますが
会社でプログラミングを使う場合
すでに在席の社員が
プログラミングができる人
という事です。

そして
多くの場合
プログラミングができる人の元に
プログラミングの初心者のような
社員が仲間に加わり、
出来る人に教えてもらいながら
作業をするわけです。

OJT
「On the Job Traininng」
です。

新人や未経験者に対して、
実務を一緒にやって
体験しながらプログラミングを
覚えていってもらうわけです。

先輩も初心者や未経験者が
プログラミングを覚えないと
仕事がこなせないので
皆必死に教えるし、
教わるほうも早く役にたてるように
必死に勉強していきます。

それが仕事ですからね。
仕事ができなければ
クビになっちゃいます。

ですので
仕事で強制的に
習得の波に飲み込まれていく
という方法が
一番の近道だと考えます。

Pythonを教えてくれる人はどこにいるの?

あなたが覚えたいのは
Pythonですよね。

AIなどの人工知能の開発や
機械学習などに強いと
されています。
他言語と比較した場合、
Pythonには数値計算や
データ解析に強いライブラリが
豊富にあるからですね。

そんな便利で今大注目の
Pythonを教えてくれる人は
どこにいるのか?

ずばり
ソフトウェア開発会社です。

当たり前かもしれませんが
OJTで教わるのが
一番近道です。

仕事で教わりながら習得して、
かつ、お給料も貰えるのですから
2重取りみたいなものです。

WEBアプリケーション開発の
人材募集をしている会社で働けば
Pythonを扱う社員が
すでにいるはずなので
習得の近道です。

設計、プログラミング、
運用、運営、と
一貫して請け負っている会社で
開発工程を担当できれば
Pythonは習得できるでしょう。

白獅子さんが教えて下さいよ

白獅子さんも
Python使えるのですか?
白獅子さんが
Python教えてくださいよ。

という声が聞こえてきますが
残念ながら私はソフトウェアの
開発エンジニアではありませんので
Pythonを使えません。

すいません。
色々偉そうに教えておいて
私はPythonを使えないのです。

使える人なら
たくさん知っているのですが
私は使えないのです。

では
なぜ私がPythonに
注目しているかと言いますと、
Pythonが稼げるツールだからです。

Pythonが稼げるって本当なの?

Pythonが稼げるのが
本当か?って、
そりゃあ本当です。

あなただって
習得したいのは
Pythonなんですよね?

Javaでもなく
PHPでもなく
COBOLでもなく
Pythonがいいのですよね?

Pythonが流行っているから
Pythonをやってみたい
って思ったのではないでしょうか?

そうなんです。
今Pythonはメチャクチャ
流行っています。

そして
先ほども説明しましたが
AIや機械学習を筆頭に
豊富なライブラリが用意されていて
どんどん充実しているんです。

今までのPythonでは
できなかった事も
今ではできるように
日々改善されているのです。

求人サイトを確認しても
Python経験者を募集している
企業がとても多いです。

Pythonできますよ!
って言えば
ガツガツとスカウト
されるような状況です。

転職せずにPython習得

Pythonを覚えてみたいけど
今の会社では使用しないし、
転職して1から出直すのも
かなり険しく苦しい。

なんとなく興味はあるけど
自分には無理かな?
と諦めかけたあなたに
ピッタリの良い案があります。

Python Start Lab

です。

スタートラボはあなたのような
プログラミングに興味がある
未経験者もしくは初心者の方に
じっくりと
Pythonを経験させてくれます。

しかも
仕事を辞めずに
スキルを習得できるのです。

会社に入って
教えてもらいましょう作戦が
使えないあなた。

普通に会社は会社で頑張って
仕事は辞めずに平日と
土曜日の講義で
スケジュールを組めばよいのです。

ITエンジニア部門に特化した企業で
ノウハウもしっかりしているので
気軽にプログラミングに挑戦したい人に
ピタッとハマるはずです。


習得後、もう一つの収益源となるPython

Pythonを習得すれば
誰が記述しても同じような
記述になる事が特徴で、
業務の中継ぎや引継ぎが
しやすいのです。

今までの組み込みマイコンの
C言語でのプログラミングとは
大きく異なり、
開発の途中からエンジニアが
アサインできたり、
助っ人として外部から
エンジニアを募集したり、
臨機応変な対応ができるのです。

それが何を示しているかというと
あなたの稼ぐツールがもう一つ
増えるという事です。

活用方法次第では
収益源をもう一つ増やせる。
それがPythonです。

平日の夜、空いた隙間時間、
土曜日や日曜日、
そんな余力のある時に
クラウドワークのような
短期業務依頼の仕事で
Pythonプログラミングをすれば
新たな収益を
得られるようになります。

また、
本職である会社が傾いた時も
Pythonであれば
この先数年の需要は
間違いなく継続するでしょう。

転職にも有利に働くはずです。

あなたが
新しく得ようとしているスキルは
資格でも免許でもいいですし、
もちろんPyhtonでも
いいと思います。

しっかりと
身に着けたいのであれば
しっかりと
勉強し学ぶ事です。


私もあなたのチャレンジを
応援します!


最後まで読んで頂き
ありがとうございます。


Python以外のプログラミングやスキルは
どんなものがあるのか?
たーーーくさんありますので
コチラの記事をみて
どんな種類があるのかだけでも
是非眺めてみて下さい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました